所有ブログを自分で閲覧したアクセス数を除外する方法【アクセス解析】

BLOG

こんにちは、あおいです。

ブログ初心者「ブログを始めたので、アクセス解析をしたいです。記事の確認のために自分のブログをしょっちゅう開くんだけど、PVとかに自分の分もカウントされちゃいますよね。除外する方法が知りたいです」

今回はこのような疑問について。

ブログの運営を本気で考えるなら、自分のサイトに「どれくらいの人が」・「どんなキーワードで」訪れているのか、できるだけ正確に把握するのは必須ですよね。

結論から先にお伝えしますと、自分のアクセスした分を除外してページの閲覧数(PV)、訪問者数を把握するのは、Googleアナリティクスを使用すれば可能です。私も先日設定をしました。

というわけで、備忘録もかねて当記事にまとめます。ブログ初心者の方など、参考にしていただけると幸いです。

スポンサードリンク


所有ブログを自分で閲覧したアクセス数を除外する方法【アクセス解析】

結論:Googleアナリティクスを使います。

Q:Google Search Console(サーチコンソール)とGoogleアナリティクスの違いがイマイチよく分かりません。

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。・・・はい、何を隠そう私もそうでした。

私もどちらも登録はしていたのですが、よく分からないのでとりあえずいつもGoogle Search Console(サーチコンソール)を見ている感じでした。

サーチコンソールでも「表示数」が見れるので、あの数字を見て増えてれば喜んでいた感じです。

しかし、サーチコンソールとアナリティクスでは、見れる情報が違うんですよね。

Google Search Console(サーチコンソール)とGoogleアナリティクスの違い

  • サーチコンソール/どのようなキーワードで検索されたときに何回検索結果に表示されて、検索結果の順位は何番目くらいか
  • アナリティクス/どのページに・どれくらいのユーザーが流入して、自サイト内でどのように移動したか

ざっくりまとめると、上記のとおり。

Google Search Console(サーチコンソール)で分かるのは「サイトへの流入前」の情報で、いっぽうGoogleアナリティクスのほうは「サイトへの流入後」の情報ということになります。

初心者には分かりにくいかもですが、まずはこれくらいは覚えておくと良いと思います。

Googleアナリティクスで所有ブログへの自分のアクセスを除外する方法

ではさっそく、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を順に解説します。Googleアナリティクスの登録がまだの方は、最初に登録を済ませておいてください。

手順としては、下記の通り。

①:トップページ左下の、歯車のマーク「管理」をクリック

Googleアナリティクスのトップページを開くと左サイドバーの一番下に「管理」という項目があるので、そこをクリック。

②:「ビュー」の中の、「フィルタ」をクリック

次のページにいくと、大きく3つの項目が左から「アカウント」、「プロパティ」、「ビュー」とあるので、「ビュー」の中にある「フィルタ」をクリック。

③:「フィルタを追加する」の赤ボタンをクリック

次のページは分かりやすいと思いますが、赤いボタンで「フィルタを追加する」とあるのでそこをクリック。

④:「ビューにフィルタを追加」画面になるので、項目を埋める

次のページでようやく色々設定になります。一番上の項目から順に説明します。

  • 「ビューにフィルタを適用する方法を選択」の箇所は、「新しいフィルタを作成」にチェックが入った状態に。
  • フィルタ名は自分で分かりやすいものを入力(例:自分のアクセス など)
  • 「フィルタの種類」は「カスタム」のほうを選択
  • 「フィルタフィールド」は「ip」と入力して出てきた「IPアドレス」を選択し、除外したいIPアドレスを入力。

ここまで設定できたら、「保存」をクリックして設定完了です。お疲れ様でした。

自分のIPアドレスを調べる方法

IPアドレスとは、123.456.789.101など数字がコロンで区切られ並んでいるものです。

CMANというサイトにアクセスするだけで、自分のIPアドレスが分かります。
(トップページ→サーバーメンテ支援→IPアドレス確認)

スポンサードリンク


自分のアクセス除外方法にIPアドレスを用いることのメリット・デメリット

というわけで、当記事では自分のアクセス除外の方法として、「IPアドレスを用いる」方法をお伝えしました。

しかしこれが完璧というわけではなく、人によっては最適ではない場合もあるかもしれないことを最後に補足しておきます。

IPアドレスを用いることのメリット・デメリット

IPアドレスを用いるメリット

メリットは、とにかく設定が簡単。手っ取り早いということですね。

他に、「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」というプラグインを入れて、自分のアクセスをカウントしないように設定する方法もあるようですが、ちょっと面倒そうです。
» Google アナリティクス オプトアウト アドオン

IPアドレスを用いるデメリット

デメリットは、固定IPアドレスに限るということです。

プロバイダとの契約を確認して、自分の受けているサービスが「固定IPアドレス制」なら問題ないですが、その都度IPアドレスが変わるサービスを利用している場合は要注意です。

IPアドレスが変わるごとにアナリティクスのフィルタに入力し直さないといけないため、かえって面倒かもしれません。

というわけで、以上です。

一般企業などでのサイト運用だと、もっと厳密にアクセス解析をする方法もあると思うのですが、とりあえず個人ブロガーの身としては、今のところこれでOKとします。

以上、所有ブログを自分で閲覧したアクセス数を除外する方法でした。

人気記事副業ブログの始め方【初心者の心構えと正しい手順を10ステップで解説】

スポンサードリンク