栃木の母親の事件。なぜ中1息子殺害?理由は精神トラブルか

栃木の母親の事件。なぜ中1息子殺害?理由は精神トラブル・・?

栃木県那須塩原市で起きた、母親が中学1年生の息子を包丁で刺して殺害してしまった事件。

なぜ母親が実の息子を手にかけてしまったのでしょうか?

いたたまれない事件ではありますが、そんな思いがぬぐえず事件の考察をしてみました。

スポンサーリンク

事件概要

まず、栃木県那須塩原市での事件の概要についてです。

中学1年生の息子を包丁で刺して殺害したとして、栃木県那須塩原市に住む46歳の無職の女が逮捕されました。 殺人の疑いで逮捕されたのは、那須塩原市に住む46歳の無職の女で、25日午前5時ごろ、大田原市内に駐車していた車の中で、中学1年生の息子(13)の胸を包丁で数回刺し、殺害した疑いがもたれています。 警察によりますと、女は犯行後、午前6時ごろに「息子を包丁で刺して殺した」と警察署に自首してきたということです。 息子は搬送された病院で死亡が確認されました。 警察は、事件の詳しい経緯を捜査するとともに、女の刑事責任能力の有無について慎重に調べています。
出典:https://news.yahoo.co.jp/

朝の5時という早朝に、駐車した車の中で二人過ごした母親と中1息子。

なぜそんな早くに外出していたのか。

この時期のこの時間だと外はまだ真っ暗ですし、凍てつくような寒さだったのでは。

そして、母親は犯行に至ってしまうわけですが・・・

母親は運転席、息子は助手席に座っていたのでしょうか。

たしか、警察に到着したとき息子は助手席に乗せた状態だったとニュースでみました。

想像するだけで凄惨な現場ですが、「母親の刑事責任能力の有無について慎重に調査する」というところも気になりますね。

出頭した母親は相当な錯乱状態だったのでしょうか。。。

スポンサーリンク

母親の人物像(名前や顔は?)

母親の情報について分かっていることです。

・年齢:46歳
・住所:栃木県那須塩原市
・職業:無職
・世帯:4人家族(本人と息子3人)

この親子は4人家族で、母一人、子供3人で住んでいたそうです。

この世を去った中1の息子(13歳)は三男とのことなので、上にふたり兄がいたことになります。

父親のことは報道されていませんね。離婚なのか・・・はわかりません。

詳しい人物像が報道されないのは、やはり残されたお子さんのことを考慮してではないかと推測します。

上の兄ふたりの年齢が分かりませんが、同じく中学生、そして高校生の可能性も高いですよね。

スポンサーリンク

なぜ母親が実の息子を?

子を持つ母親を中心に、やはり世間では「なぜ我が子を自らの手で?」というところで驚きを隠せないのだと思います。

母親の方は46歳・無職という報道があるだけで、名前や顔などの姿が分かる映像は報道されていません。

しかし速報後の追加の報道によると、この母親の方は「精神的トラブル」をかかえていたそうですね。

どんなトラブルなのかは分かりませんが・・・事件を起こした理由には深く関係はするでしょうね。

女手ひとつで年頃の男の子を3人。そして無職。

それだけ聞くだけでも、相当いろいろなご苦労があったのかも・・と想像しました。

とはいえ、我が子に手をかけるなんてあってはならないこと。

ただ、精神的トラブルの内容や、精神的トラブルを抱えることになってしまった経緯によっては、母親の方にたいする同情の声も今後聞こえてきそうです。

スポンサーリンク

世間の声

ネットで気になったコメントをいくつかピックアップしました。

同市内で暮らす、シングルマザーで4人家族らしい。精神に病んていたとしても、残される2人の子供の事を考え、思い留まって欲しかった。周りに相談出来る環境が、無かったのが悔やまれます。

そうですね。精神的に病んでたとしても周りのサポート、相談できる環境が整っていれば・・そこが悔やまれるところです。

同じ歳をもつ親として胸が痛い。 思春期だし、口うるさく言うと鬱陶しがられたり色んな事が分からなくて困る事もあったのかもしれないけど、、 殺しちゃだめだわ。 亡くなった子にも未来はあったのに。 もっと他に相談とかできる場所はなかったのかな。。

同じ年頃の子を持つ親には相当ショッキングなニュースとなりましたね

このニュースを見て悲痛な思いでした。いくら精神的悩みかかえていても一生殺人という罪は消えません。児童相談所とかお電話できなかったのですか?もし電話できたのなら一つの命守れたかもしれません。ご冥福お祈り致します。

児童相談所や電話相談の存在、たしかにです。精神的トラブルによりそれが叶わなかったのかもしれないですね。。

タイトルとURLをコピーしました