椎名林檎のグッズが炎上?ヘルプマーク 赤十字マーク酷似意図とは?

椎名林檎のグッズが炎上していると

まさに寝耳に水なニュースが入ってきました。

少しばかり好きだった(無罪モラトリアムは青春だった…)身としては複雑な思いです。

グッズが「ヘルプマークや赤十字マークに酷似している」との意見が多数寄せられ、

twitterなどで炎上案件となっているようですが、このグッズが世に出ることになった経緯とは?

椎名林檎さんご自身、どんな思惑があったのでしょうか?

スポンサーリンク

椎名林檎のグッズが炎上

ニュースの概要は下記の通り。

11月末に発売される椎名林檎さんのオフィシャルリミックスアルバム「百薬の長」。その関連グッズが「ヘルプマーク」「赤十字マーク」に酷似していると、Twitter上で批判の声が現れています。

「百薬の長」にはグッズ3種が付属する「UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤」があり、そのグッズのうちの2種、アクリル・カードケース「諸々券ケース」、マスクとマスクケースのセット「夢語りマスク」にはそれぞれ赤地に白い十字マーク、白地に赤い十字マークがデザインされています。

これがヘルプマーク、赤十字マークに酷似しているのではないか、というのが批判の焦点です。  前者のヘルプマークとは「義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなる」(東京都福祉保健局より)ためのマーク。これに類似したデザインのグッズが出回るとヘルプマークが何かのグッズと誤認されたり、混乱を招いたりする恐れがあるというコメントがTwitter上に続出しています。

また、後者の赤十字マークは日本赤十字社によれば、戦争・紛争時の救護活動を行う際に用いられるもので、その性質上「使用については赤十字社と法律等に基づいて認められている組織」に限定されているとのこと。アルバムのグッズに用いるのは法的に問題があるのではないか、という指摘が現れています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

問題のグッズは来月11月末に発売されるリミックスアルバム「百薬の長」に関連するもので、3種のうち2種。

・カードケース…赤地に白の十字マーク

・マスクケース(マスク含む)…白地に赤の十字マーク

これがそれぞれヘルプマークと赤十字マークに似ており、誤解が生じるのではないかと懸念されています。

確かに、パッと見は本物のヘルプマーク・赤十字マークにそっくりかも。

模していると言われたら否めない感はありますね。。

スポンサーリンク

椎名林檎の過去のグッズの評判は?

ところで椎名林檎さん、過去にたくさんの作品を出していると思いますが、これまでのグッズの評判はどうだったんでしょう?

椎名林檎さんのことだから、きっとかなり個性的でエッジのきいたとでも言うんでしょうか、そんなグッズ達が歴代登場したのでは。

きちんとまだ調べられていませんが、どうやら過去には炎上するほどの問題物は、発表されていないようです。

スポンサーリンク

今回はヘルプマークと赤十字マークに酷似。その意図とは?

やはり今回多くの声が上がる理由として、

椎名林檎さんほどのキャリアと知性を兼ね備えた方が、なぜこのような考え・経緯に至ったのか?

そこが疑問ということもあるのではないでしょうか?

椎名林檎さんご自身がこのグッズデザインをどう捉え、世の反応をどう考えるのか。

しかるべき経緯があるのなら知りたいですし、それを踏まえたら批判意見も多少変わってくるかもしれません。

大阪万博のキャラクターが決まった時もたしかそうでしたよね。

かなりマイナスというか後ろ向きな意見も多かったですが、一応背景にはきちんとしたコンセプトがあったように記憶しています。

今回の椎名林檎さんのグッズ作りの経緯を、是非とも知りたいものです。

スポンサーリンク

ネットの意見

この寄せ方は、デザインした方がヘルプマークを知らなかったとは言えないレベルだと感じます。ヘルプマークを周知するためのポスターも公共交通機関で見かけるようになりました。実際に今回もすぐに問題視されるほど、世間の認知度も上がっていることが証明されている中で、誤認をしかねないものをグッズにするのは軽率かと。アーティストの方のイメージも損なわれますし、メリットが全く見えません。取りやめられるのが賢明かと思います。

タイトルとURLをコピーしました