佐藤大の顔やFacebook 経産省職員『クリスマスにネットカフェでわいせつか』足立区

事件

警視庁は19日、準強制わいせつ容疑で経済産業省職員の佐藤大容疑者を逮捕しました。

昨年の12月25日夜、足立区のインターネットカフェで、

20代女性に睡眠作用がある薬を飲ませ、わいせつな行為に及んだとみられています。

佐藤大容疑者は容疑を否認しています。

事件の内容や佐藤容疑者についてみていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

経済産業省のキャリア官僚の男がクリスマスの夜に知人女性に睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、わいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。

準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、経産省のキャリア職員、佐藤大容疑者(32)で、12月25日の夜、東京・足立区のネットカフェの個室で都内の20代の知人女性に睡眠薬入りの飲み物を飲ませ、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

警視庁によりますと女性はネットカフェで記憶が断片的になっていたことを不審に思い、翌朝、警察署へ通報。その後女性の体内から睡眠薬の成分が検出されたということです。

取り調べに対し「身に覚えがない」と容疑を否認する一方、「同意のもと服の上から体のどの部分か覚えていないが触りました」と供述しているということです。警視庁は複数の女性から同様の被害相談を受けていて、余罪を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

19日、準強制わいせつ容疑で経済産業省職員の佐藤大容疑者が逮捕されました。

 

事が起きたのは昨年のクリスマス。

居酒屋で飲食を共にした佐藤大容疑者と20代女性は、その後ネットカフェへ。

そこで、佐藤大容疑者が女性に睡眠作用のある薬を混入させた飲み物を飲ませ、

意識が朦朧になった彼女に対し、わいせつな行為をしたとみられています。

 

佐藤容疑者本人は、

「睡眠薬を飲ませた覚えはない」「本人同意のもとで頭を軽くなで、服の上から体を触った」

と否認。

しかし、被害を訴えた彼女の体内から睡眠薬の成分が検出されたことが分かっています。

 

クリスマスの夜に不愉快な事件が起きてしまいました。

真実が明かされることを願います。

では、佐藤大容疑者についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

佐藤大容疑者の顔画像やプロフィール

出典:https://newsdig.tbs.co.jp/

 

●名前:佐藤大

●年齢:32歳

●住所:東京都葛飾区小菅

●職業:経済産業省職員

●容疑:準強制わいせつ容疑

 

スポンサーリンク

佐藤大容疑者のFacebook

Facebookで「佐藤大」と検索してみたところ、たくさんのアカウントが表示され、

ひとつひとつ調べてみましたが、佐藤大容疑者と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

キャリア官僚なのでSNSはやっていないのかもしれません。

もし見つけましたら、こちらに掲載させていただきます。

 

スポンサーリンク

世間の声

わいせつ行為だけは認めているようですけど、睡眠薬の成分が検出されたし、他にも同様の被害を訴えた女性がいるのだから、警察の取り調べで言い逃れるのは難しいでしょうね。 一人だけでなく二人もということを考えると、これ以外にも性的な余罪があるのでは?と勘ぐってしまいます。
おそらく官僚になるまでは順風満帆だったのでしょうけど、これからは世の中の冷たい逆風に煽られることになるのかもしれませんね。

 

昨年から各官庁の官僚よる不祥事が多発している。

 

キャリア官僚の逮捕ということもあり、注目度が高い印象です。

容疑の内容に不快を感じる人、「エリートなのに何をしているんだ」と叱責する人が目立ちました。

タイトルとURLをコピーしました