野崎祐也の顔Facebook(さいたま市)SNS女子中学生をなぜ自殺ほう助?

野崎祐也の顔やFacebookは?

交流サイト(SNS)で知り合った女子中学生の自殺ほう助をした罪で、野崎祐也容疑者(28)が逮捕されました。

事件についてまとめます。

スポンサーリンク

事件の概要

SNSで知り合った女子中学生の自殺を手助けした疑いでさいたま市に住む28歳の男が神奈川県警に逮捕されました。 さいたま市に住む野崎 祐也容疑者(28)は、先月23日ごろ、横浜市に住む女子中学生の自殺を手助けした自殺幇助の疑いが持たれています。 野崎容疑者は、女子中学生を車で相模原市内の山中に連れて行き、中学生が橋で自殺するのを手助けしたということで、警察が周辺の川を捜索したところ中学生の遺体が見つかりました。司法解剖の結果、死因は分かっていません。 捜査関係者によりますと、野崎容疑者は、女子中学生とSNSを通じて知り合い、中学生の投稿には自殺願望をほのめかす内容が書かれていたということです。 調べに対して野崎容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。警察が経緯を詳しく調べています。
出典:https://news.yahoo.co.jp/

SNSを通じて知り合った女子中学生の自殺を手助けしたとして、さいたま市の野崎祐也容疑者(28)が逮捕されました。

報道によりますと、野崎祐也容疑者はすでに先日「未成年者誘拐の疑い」で逮捕されており、今回は再逮捕となるようです。

未成年を連れ回しただけでも当然あってはならないことですが、女子中学生の行方が分からなくなったことから捜査が進み、結果自殺ほう助という罪が暴かれたんでしょうね・・。

亡くなった女子中学生のことを思うと、本当に胸が痛みます。

とともに、ご両親のお気持ちも本当に計り知れないものがあります。

スポンサーリンク

SNS投稿をきっかけに知り合った

野崎祐也容疑者と女子中学生はSNSを通じて知り合ったわけですが、気になるのは女子中学生の「自殺願望をほのめかす投稿」がきっかけだったというところです。

具体的にどんな投稿内容だったのか詳細は分かりませんが、とにかくそのような投稿に、野崎祐也容疑者が反応したわけです。

いったいどんなつもりで声をかけたのでしょう?

ただの興味本位?初めから自殺の手助けが目的だったのか、それとも助けるつもりだったのか。

SNSで知り合った未成年に関する事件がここ最近本当に増えていると感じます。

未来ある子供たちにとって、安全で過ごしやすい世の中になってほしいものです。

スポンサーリンク

野崎祐也の顔画像・プロフィール

事件の内容から、色んな意味で震えが止まりません。

野崎祐也容疑者がどんな人物なのか気になる人も少なくないはず。顔画像などは報道されているのでしょうか。

報道内容を確認してみましたが、全体像や顔画像が報道されている様子はなさそうでした。

野崎祐也容疑者のプロフィールとしては以下になります。

名前:野崎祐也
年齢:28歳
住所:埼玉県さいたま市
職業:会社員

スポンサーリンク

野崎祐也のFacebookやSNS

野崎祐也容疑者のFacebookやSNSで顔画像など確認できるかと思い探してみました。

同姓同名のFacebookやインスタ、ツイッターなどが確認はできますが、野崎祐也容疑者のものとは異なるようです。

スポンサーリンク

野崎祐也の事件に関するネットの声

思春期の中学生の頃は、自我のめざめの時、「人はなぜ生きていくのか」「自分は何のために生きるのか」などいろいろ考える時期だ。深く考えても、生活体験が少なく、まだ世のなかを知らない時期でもある。ネットやテレビなどの情報ぐらいで想像している時期でもある。一昔前より情報過多で夢を持つことが希薄になったり、知らなくてもいいことまで目にしたり、コントロールもきびしい。家庭環境なども要因の一つだ。精神的に鬱の状態になることもあるだろう。だから学校や地域に相談窓口があったり、定期的に声を見守る制度が必要だ。中国はデジタルが進んでいるが、高校生まで携帯は禁止らしい。日本は放置なので、教育的に何らかの制御が必要だろう。

人間誰だって自殺願望とまではいかないまでも、このまま死ねたら楽だろなぐらいのことを思うことはあると思います。中学生くらいの年代であれば死にたいといったって本心からではなく、生きたいという気持ちと死にたいといった気持ちとの狭間で揺れ動くような年頃であろうことは想像がつくし、犯人のほうも犯人のほうで、他人の自殺を手助けするなどという行為のその真意は分りかねますが、本来であれば、悩みを聴いてあげて思いとどまらせるような方向に説得するというのがいい大人の取るべき行動ではなかったかと思います。

大人になると子供の頃思ってたより学校という世界は狭い。そこで思い悩んで自分の大切な命を捨てないでほしい。 その世界が全てじゃないので、学校が嫌なら転校するなりして自分を守ってほしい。 家庭に問題があるなら社会人になって自分の世界を築けばいい。 今はすごく寂しかったり悲しいかもしれないけど、世界はもっと広いし、自分を苛むものに負けないで幸せになってほしい。 子供を授かるのって意外と難しくって。 せっかく生まれてきたのだから自分の人生を大切にしてほしい。

野崎祐也容疑者と女子中学生はどんな会話をしたんでしょうか。

今回の女子中学生がどんなことに、どれくらい悩んでいたかは分かりませんが・・・野崎祐也容疑者はそれをどんなふうに感じ、どう受け止めた結果なのか。

事件が起こってしまってからではもう遅いですが、考えるとやるせなくなりますね。

タイトルとURLをコピーしました