赤池王子様の母親は?毒親?肇に改名!弟のキラキラネームは?

2019年に赤池王子様から改名を成し遂げた赤池肇(はじめ)さん。

あれから早3年経ちましたが、2022年の現在も注目は衰えません。

赤池王子様というキラキラネームを付けた母親の存在が、やはりどうしても気になる方も多いのではないでしょうか。

母親はどんな人なのか調べてみました。

スポンサーリンク

赤池王子様の母親は?毒親なの?

我が子に王子様と名付けた母親ってどんな方なんでしょう。

子供が心底愛おしいのは、子を持つ母ならよく分かります。

目の中に入れても痛くない、お腹を痛めて産んだ子の存在は、何にも変え難いもの。

それは分かるのですが、百歩譲っても、なぜこうなるのかが理解できません。

赤池さん(現在は肇さん)の元の名前を「王子」と思っている方も多いですが、「王子様」までが下の名前ですからね。

敬称がダブっているのです。ふつうに呼んだら王子様さん、ビジネスシーンでは王子様様になってしまいます。

この感覚が、一般的にはよく分かりません。

「様」もひっくるめて、「王子様」という固有名詞といいますか愛称で捉えてのことでしょうか?

うーん、たしかに、SNSでは「〇〇ちゃん」までがニックネームのことはありますね。

私も経験ありますが、そういう方に対しては敬称をどうするのか悩みませんか?

〇〇ちゃんさん、にしないと失礼なのか、もしくはいっそ「さん」は付けず、「〇〇ちゃん」で終わらせるのか。

ただそれだと正確には呼び捨てなんですよねえ(汗)

話が逸れました。

とにかく、赤池王子様あらため肇さんの母親の、感覚が分からないし不思議すぎるのですよ。。。

母親の情報を見つけてはやし立てたいわけではありません。

単純に、そのような思考回路にいたるお母さんってどんな人なのかなあというところからです。

キラキラネーム付ける親は毒親などと言われることも多いですが、もしかしたら一般人には計り知れない深い考察があるのかもしれません。

いや、やはりちょっと苦しいか・・・?(汗

毒親と取る人の方が世間的にはやっぱり多くなるのは否めないかもです。

スポンサーリンク

現在は赤池肇(はじめ)に改名

長年苦悩を過ごされたご本人、自ら動いて改名を成し遂げたんですね。良かったです。

母親の方は、改名の報告を我が子から聞いて号泣したそうです。

そんなエピソードからも、やはり普通では分からない強い思いを感じますね。

微塵も名付けに後悔していない。我が子の名前(キラキラネーム)が最高だと思っているということですから…。

「親が与えた唯一無二のものをないがしろにして(悲)」という気持ちなんでしょうか。

話は逸れますが、タトゥーなんかもそう言われたりしますよね。

改名と話を一緒にするのはちょっと違うのかもしれませんが、子供が成人を果たしたらあとはもう子供自身で色々決めたら良いのではと思うんですけどね。

スポンサーリンク

赤池肇さんの弟もキラキラネーム?

赤池さんて弟さんがいるんですね。

そして、その弟さんもキラキラネームと言われています。

どんな名前なのか、どの程度のキラキラネームなのか気になるところです。

ただ、王子様と名付けた母親と親が同じわけですから、かなりのインパクトは想像してしまいますよね。

同じく男の子で、すでに渾身の王子様は使ってしまっていますから、弟さんはどうされたのか…。

兄弟の名前って、何となく毛並みが似ていることも多いですよね。

良い例えがパッと浮かびませんが、昔でいえば〇子と「子」を必ず付けたり、〇郎の「郎」とか。

あとは例えばテイストを揃えて、海・空・風みたいな。

赤池王子様(肇)さんの弟の名前についてはニュースでも報道されていないので知る由もありませんが、非常に気になるところです。

スポンサーリンク

ネットの声

気になった意見はこれ。

たしかにこれはやってみたほうがいいかも。

タイトルとURLをコピーしました